ニキビにチョコレートの食べすぎはNG?

ニキビ跡消す > ニキビ跡化粧水│チョコレートとニキビ

ニキビ跡化粧水│チョコレートとニキビ

肌に起こるトラブルとして多くの方が起こりやすいものにニキビがあります。 ニキビの原因には様々要因がありますが、その中の一つに肌の表面にある皮脂の成分に汚れが付着し、炎症を起こしてニキビに繋がるというものがあります。
ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

そして、肌の皮脂を多くしてしまう食品として、多くの方が当てはまると考えているのがチョコレートです。 チョコレートは特に女性の方なら好きという方も多いと思いますが、肌に良くないと思っている方も多いです。 本当の所はどうなのでしょうか。

チョコレートに含まれている成分は糖分、脂肪分とカカオやココアの成分が多く含まれています。 そしてこの含まれている脂肪分が多いと考えられており、これが毛穴に詰まってしまう事でニキビができやすくなると考えている方は多いです。

ですが、これは実は、多くの方がイメージとして持っている話であって、実際に根拠のある話ではないのです。 研究されて化学的に証明されているのは、チョコレートはニキビに影響がない事です。

海外で成人男性を集めて行われた実験があります。 市販のチョコレートに比べて10倍のチ時々定期的に間の休憩期間を取りながら食べてもらい、その後の肌の表面を測定しました。

その結果は、2つのグル―プで、肌の状態にョコレート成分が入っているものと、普通の成分量のチョコレートを2つのグループがそれぞれ分かれて食べました。 それを一定期間、違いは見られなかったという成果があります。 つまり、チョコレート成分はニキビの大きな原因ではないという事です。

チョコレートが好きな方にとっては嬉しい研究結果かもしれませんが、それでもやはり食べ過ぎは禁物です。 糖分や脂肪分が過剰になってしまうと、それはチョコレートだからという訳ではなく、食べ過ぎが原因という事になります。

適度にチョコレートを食べる分には特に問題ないので、安心してチョコレートを楽しんでいきましょう。 また、チョコだけでなく、特定の食品によってニキビはできやすくなる事はないという事がアメリカで証明されています。
ヴィセ

ニキビと食事の関係

ニキビができる原因はいろいろあるものの、特に大きな原因だと言われているのが食事に関することです。 ニキビができてしまったのならば食事にほとんどの原因があると言っても過言ではありません。

そのため、食生活について考えることが大切だと言えるでしょう。

なぜ食事がニキビと関係しているのかというと、食べたものが脂肪に変わる一連の流れがポイントになります。食事を取ると、胃に入ったものは消化吸収されますよね。 ですが、消化吸収したうえでエネルギーとして余ってしまったものは脂肪として体に蓄えられることになってしまいます。

この脂肪がニキビと深く関係しているのです。 脂肪はニキビの原因になってしまうものなので、食事を取る際には脂肪の摂取量を抑えられるように努力しましょう。

ただ、脂肪は全く取らないほうがいいというものではありません。 食事から脂肪を摂取しない状態が続いてしまうと肌トラブルに繋がってしまうこともあるので、様々な栄養素とのバランスを意識しながら適度に摂るようにしましょう。

といっても、通常の食生活を送っている人であれば脂肪が不足してしまうようなことはまずないと言えるので、どちらかというと控えめにすることを意識したほうがいいです。

ハンバーガーやラーメンなどが好きという人は脂肪の過剰摂取に繋がっている可能性があります。 ただ、好きなものを無理にやめるというのもストレスに繋がってしまい、ニキビの原因になってしまうこともあるので、運動をするなどして脂肪を燃焼させるといいでしょう。

また、ビタミンB群を意識して摂取するというのもおすすめの方法です。 ビタミンB群は過剰摂取をして余ってしまったエネルギーが脂肪に変わるのを防いでくれる働きがあるので、食事では積極的に摂りましょう。

レバーや卵、かつお、まぐろ、肉などに含まれているため、様々なメニューをバランスよく取ることが重要です。 ビタミンB群はニキビを防ぐだけでなく健康な肌作りのためにも欠かせません。

ニキビ跡と肌の生まれ変わりについて

ニキビ跡に悩まされている人は非常に多いですが、「一度できてしまったニキビ跡は消すことができない」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 そのため、もうどうしようもないのだと諦めてしまっている人もいるかもしれません。

ですが、適切なケアをすることによってニキビ跡は消すことができるのです。 そのために大切なのが、食事について考えること、そしてスキンケアを見直すこと。

まず食事についてですが、私たちの体は毎日食べる食材によって成り立っています。 肌は毎日新しいものに生まれ変わっているわけですが、肌が生まれ変わるためには食事が必要です。 つまり、肌にとって良いものを食べれば肌が良い状態に近づいていくということでもあります。

そして、肌というのは約一カ月で新しい細胞に入れ替わるということを理解しておきましょう。 これはどういうことかというと、今日からがんばって食事に注意したとしても、その効果が見え始めるのは一カ月後からということです。

一週間食事を変えてみたけれど全く変化がないからといってそこでやめないようにしましょう。 これはスキンケアでも同じことが言えます。 といってもどのような食事を取ればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

肉、魚、野菜といった食材をバランスよく取り入れるのは簡単なことではありません。 そこで、まずはジャンクフードを口にしないように心がけることをおすすめします。 スナック菓子やジャンクフードには栄養素と呼ばれるようなものがほとんど入っていません。

それどころかニキビにとって良くない成分をたくさん含んでいるので、ニキビケアについて考えた時にはできるだけ避けておきたいものなのです。 洋食よりも和食のほうがニキビケアに有効な栄養素を含んでいるので、和食中心の食生活に変えるといいでしょう。

また、ニキビが気になるからといって洗顔をしすぎてしまう人もいますが、これは逆効果です。 朝晩の洗顔だけで十分なので、洗いすぎないように注意しましょう。