ニキビを作らない食生活のポイント

ニキビ跡消す > ニキビになりにくい食生活 その1

ニキビになりにくい食生活 その1

ニキビができにくくなる食生活についてです。 ニキビの原因には様々なものがあります。 外からの刺激によって肌の表面がダメージを受け、ニキビになる事もありますし、体内に異常が起きて、それが肌にニキビとして表れるという事もあります。

食事を変える事でニキビが改善されるのは、この体内の環境が健康的な食生活にする事によって変化が起きるためです。 そして食事を変えるのは根本的な体質改善に繋がるので、今後もニキビのできにくい肌を作る事ができます。

まず最初に気を付けるべきなのは、食事の回数です。 基本の一日3食が一番ベーシックでほとんどの方がこれでペースを取り戻せるので、3食しっかりと摂るようにしましょう。

特に気を付けたいのは朝と夜です。 朝はつい慌ただしくなりがちで、食べない方がいたり、夜は仕事で遅くなって、夜中に食べるという方がいますが、極力規則正しく、寝る前の2時間前には夕食も終わらせるようにしましょう。 これだけでも大きく違ってきます。

次に食事の内容です。 まず、食事で健康に良いものを摂っていくのも良いのですが、先に体内をイメージしてみると、ニキビのできやすい体質の方は体内も汚れてしまっている事が多いです。 腸に老廃物や毒素、余分な栄養素といったものが排出されずに溜まっているのです。 これをまずは何とかする方が良いです。

具体的には、体内を掃除するために水を多く飲むようにします。 水は水道水は不純物も入っている可能性があるため、きれいな水を飲むようにします。 浄水器を通した水や、ミネラルウォーターが良いでしょう。 水を多く飲むとトイレが近くなりますが、それは仕方ないと考えましょう。 水が体内を洗ってくれて、溜まっていたものも徐々に排出されてきれいになっていきます。

よく、甘いジュースを避けてお茶を飲む方がいますが、それよりも水がお勧めです。 水飲み健康法という言葉もありますが、1日に1リットルは飲みたい所です。 体を冷やしすぎないように、あまり冷やさずに飲むと良いでしょう。