ニキビ予防に効く栄養素について

ニキビ跡消す > ニキビになりにくい食生活 その2

ニキビになりにくい食生活 その2

ニキビができにくい肌を作るには体内の環境を変えていく事がとても大切です。 水を多く飲むようにすると老廃物がきれいに排出されていき、栄養素がきちんと吸収されやすい環境を整える事ができます。

ここから体に良い食べ物を摂っていく事になりますが、まずは栄養はバランス良くを心掛けましょう。 特に一人暮らしの方は自分の好きな物に偏ってしまったり、飲み会などで肉類や脂分の多いメニューが多くなってしまいますが、極力気を付けましょう。

まず朝ごはんに関しては、食物繊維を多く摂るのがお勧めです。 玄米やシリアル、フルーツなどに多く含まれている食物繊維ですが、腸にこびりついた汚れを絡め取って排出してくれます。

上記の食べ物は、食物繊維以外にもビタミンを始めとする栄養分が豊富に含まれているため、栄養もしっかりと補給できます。 老廃物の排出に関しては、水と食物繊維で大きく改善されます。 また、忙しい方は野菜ジュースやフレッシュジュースなどもお勧めです。

次に昼食ですが、ニキビができやすい体質の方は脂分を多く摂りすぎてしまっている事が多いため、脂分は少なめにしましょう。 野菜などをできれば取り入れられるとよりよいです。

ファーストフードで済ませるという方もいますが、たまになら良いのですが毎日だとやはり蓄積されていってしまうのでお勧めしません。 定食物やどんぶりのメニューも好きな方も多いと思いますが、脂分の多い食事です。 1週間のうちで2回か3回ほどと、ペースを決めておくと良いでしょう。

メインになる夕食はしっかりと食べる事をお勧めします。 もちろん食べ過ぎは良くありませんが、肉類や野菜、魚など、バランスに気を付けてしっかり食べましょう。 食べすぎない範囲でしっかりと食べる事は、毎日のエネルギーの元になります。

注意点としては刺激の強いものや何かが過剰になっているものを摂りすぎるのはやめましょう。 辛い物や刺激の強いものは、あまり食べていると肌への影響が出てくる事もあります。